避妊のための知識を知る

一生を左右する問題になる妊娠。経済的な理由などでまだ妊娠したくない、でもそれを理由に行為を断れない、という女性のための避妊薬情報サイトです。避妊薬の服用を考えている方は是非見てください。

アフターピルの役割と使用方法

アフターピルは女性の大ピンチを救う医薬品です。基本的に避妊対策はセックスを始める前にしなければいけません。方法は様々ですが、入念に計画を立てて実践する必要があります。セックスをする当日、施せる対策と言えばコンドーム位です。

コンドームもまた万能ではなく、セックスによって破けてしまったり、劣化していた事に気づかず利用すれば、精液が破けたところから入り込み、避妊が失敗します。アフターピルはそんな避妊の失敗が分かった後からでも、さかのぼる形で避妊対策が実践出来る製品です。

性行為をしてから72時間以内に飲むのが正しい服用方法です。セックスから時間が長く空いてしまうと、その分だけ事後避妊の効果が下がります。可能であれば24時間以内に飲むのがベストです。女性ホルモンのバランスをコントロールする事で「体に妊娠した」と錯覚させ、精子が子宮内に着用する現象を先取りする形で予防します。

アフターピルを服用後、生理が普段通り訪れれば完璧に事後的な避妊が成功した事になります。24時間以内に飲めば理論上はほぼ100パーセントに近い確率で避妊ができます。72時間以内に飲めれば、効果は少しダウンしますが、事後的な避妊ができ、コンドームのつけ忘れや破け、あるいは男性が我慢出来ず生のままで膣内射精をしてしまった時などに、アフターピルは重宝します。
詳しいアフターピルの効果・副作用の確認はこちらで出来ます、さらに通販でアフターピルを購入することも可能となっておりますので、万が一に備えてこれを機会に用意しておくのも良いでしょう。

同じピルですが、アフターピルと低用量ピルは別々の製品です。通常、世間一般の女性が日常的に購入しているものは低用量ピルと呼ばれるものです。服用方法はアフターピルとは異なり、毎日習慣的に飲む必要があります。毎日継続的に飲み続ける事で始めて避妊の効果が得られます。また事前に避妊ができ、低用量なので体への副作用が無く、普通の女性でも安心して望まない妊娠が避けられます。

アフターピルは性行為をしてから事後的に避妊が出来るのが利点であり、低用量ピルではなく、普段は生理周期チェックで避妊対策をしている方、コンドームを利用している方々にオススメです。低用量ピルとは違い、避妊失敗が判明し次第、一度だけ服用すればOKですので、継続的に飲む必要はありません。

低用量ピルとは違い、アフターピルは服用後、一挙に女性ホルモンのバランスを調節するため、副作用が現れやすいです。主な副作用としては生理のような出血が見られたり、倦怠感が突然現れたり、食べた食事を嘔吐してしまったり、立っている時にめまいに見舞われる等があります。いずれも重篤なものではありませんが、アフターピルを飲んだ後は安静な状態で過ごしたいところです。

またアフターピルは通販サイトより取り寄せられます。低用量ピルだけが通販購入可能だと言われていますが、最近では専門のサイトよりアフターピルも個人的に取り寄せられます。