避妊のための知識を知る

一生を左右する問題になる妊娠。経済的な理由などでまだ妊娠したくない、でもそれを理由に行為を断れない、という女性のための避妊薬情報サイトです。避妊薬の服用を考えている方は是非見てください。

内科でも処方可の避妊薬だが煙草を吸う女性は注意

避妊といえば「コンドーム」という考え方が、日本では定着しています。
しかし、コンドームは避妊という面においては、あまりお勧めできない道具です。
薄いゴム製という事もあり、万が一破れてしまったなど、破損してしまう危険性はゼロではありません。
破れた部分が小さいと気づかずに、そのまま使ってしまうケースもあるでしょう。
すると、妊娠のリスクはグンと上昇してしまいます。

そこで活用したいのが、「ピル」です。
ピルを服用する事で排卵を抑制する事が出来る為、妊娠のリスクを大幅に下げられます。
正しく服用すれば、99・9%の確率で避妊の効果を得られるというデータがある程、ピルは避妊に特化しているのが特徴です。
また、避妊だけではなく月経困難症やPMS、子宮内膜症といった女性特有の病気の治療や緩和にも、ピルが処方されるケースは少なくありません。

多くは婦人科で処方してもらいますが、内科でも取り扱っているクリニックもあるようです。
かかりつけの内科で処方してもらえば、婦人科に行くのが恥ずかしいという方でも、抵抗なく処方してもらえるのではないでしょうか。

内科でも処方しているクリニックがあるなど、身近な存在となったピルですが、服用にあたって注意したい点があります。
煙草を吸う女性は、ピルが服用できないケースがあるのです。
35歳以上で煙草を毎日、15本以上数という方はピルを服用する事ができません。

実は、ピルは血栓症を発症するリスクを、高めてしまう副作用を持っています。
煙草を吸う方は元々、血栓症のリスクが高まっているので、ピルの服用する事でさらに発症リスクが上昇します。
35歳以下であっても、煙草を毎日吸うという場合は、医師に相談する事をお勧めします。