避妊のための知識を知る

一生を左右する問題になる妊娠。経済的な理由などでまだ妊娠したくない、でもそれを理由に行為を断れない、という女性のための避妊薬情報サイトです。避妊薬の服用を考えている方は是非見てください。

避妊をせず性行為を行って献血に行くことは危険

性行為のない子供を望まないのであれば、避妊をしなければなりません。
ピルなどで避妊対策をするのも1つの方法ですが、避妊具が一番多い対策ではないでしょうか。
コンドームは避妊にもなりますが、性病をもらわない、移さないためにもエチケットとして性行為の際は着用するのがマナーといってもよいでしょう。
未着用のリスクを知りながらいっときの快楽のために避妊せずに性行為を楽しんでしまう人も少なくありません。
少なくともそういったリスクを知りながら行為に及ぶのであれば検査を目的に献血に行くことは2次感染を引き起こす危険行為となります。
献血に来た人々に検査目的での献血をしないよう呼びかけているにもかかわらず、そういった危険行為に走る方がいまだにいるということです。
また、検査で来たところで献血でHIV感染の有無を通知することはありません。
それを目的として献血に訪れないようにするためです。
HIVの検査は、全国各地の保健所などで無料、匿名で検査することが可能ですし、顔を見られるのが嫌ということであれば検査キットをネットで買って郵送することで検査結果をネット上で完全匿名で検査することも可能です。
それなりのリスクを背負って行為におよぶのであればそれなりの対策を考えて実行することが大人としてのマナーであり常識であるといえます。
まして、そういったリスクや危険を性行為ではお互い背負うわけですからお互いの了解をきちんととることも重要です。
断る勇気も必要ですし成り行きに任せることは避けるべきではないでしょうか。
愛するもの同士性行為に及ぶということは愛を育むすばらしい行為である一方で危険やリスクも伴っていることも頭に入れておかなければ、ついついといって流されてしまいがちです。