避妊のための知識を知る

一生を左右する問題になる妊娠。経済的な理由などでまだ妊娠したくない、でもそれを理由に行為を断れない、という女性のための避妊薬情報サイトです。避妊薬の服用を考えている方は是非見てください。

避妊失敗時に服用する堕胎薬はアフターピル

女性に取って、毎月訪れるはずの生理が来ないということは、身体に異変が起こっているということで、妊娠の有無に関係なく放っては置けないことです。
ましてや、前回の生理日から次の生理予定日までの間に、男性と性交渉の経験があった女性なら、妊娠している可能性もあるので、早期に対処することが求められます。
妊娠を望んでいない女性に取っては、避妊が失敗してしまったという事実は恐怖以外の何物でもなく、生理がきちんとやってくるかどうかを不安な気持ちを抱えたまま待たなければならず、精神的ストレスはすさまじいものです。
その為にも、避妊を男性任せにするのではなく、極力失敗によるリスクを軽減できる低用量ピルを服用し、避妊対策を万全に行いましょう。
しかし、こういった対策を取る前に、運悪く避妊に失敗してしまった場合、あるいは悲しいことではありますがレイプといった性被害に遭われてしまった場合、緊急に服用する堕胎薬というものがあり、アフターピルと呼ばれています。
この堕胎薬は通常の避妊対策に用いる低用量ピルではなく中用量ピルで、子宮内で射精を行ってから、72時間以内に服用すれば妊娠を回避することが出来るといわれており、激しい吐き気や頭痛など辛い副作用はありますが、何とか妊娠という最悪の事態を避けることができます。
この堕胎薬もピル同様に、街中のドラッグストアなどでは購入できないので、婦人科を受診し医師に処方してもらう必要があります。
しかし、低量量ピルは取り扱っているクリニックも増えてはいますが、このアフターピルは限られた病院でしか手に入らないので、急いで調べることが必要です。
72時間以内とは言え、少しでも早く対処するほうがそれだけ妊娠を回避できる確率が上がるので、とにかく急いで行動を起こしましょう。