. . .

【営業マニュアル】5手札の切り方を間違えない


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/madara/kantenwerk.org/public_html/wp-content/themes/magazine-prime/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 254
Pocket

5:これが正解!契約を取るための手札の切り方を間違えない手順 

では正しく伝わる営業のマニュアルをお伝えします。1:商品があることでどんな悩みを解決することができるのか  どの年齢層が一番多く抱える悩みなのか2:悩みに対しなぜこの商品が解決できるモノになるのか  根拠を提示、まずは悩みの根源を分析したあとに  商品の根拠ではなく悩みが解決できる根拠を出す。  つまり、商品の効果を伝える 3:商品の効果のよさが伝わったら  この商品が何なのかを説明する。  ここでようやく商品の説明に入る。4:お客さんのリアクションを聞く  基本、会話ベースなので相手に一方的に伝えると  相手は欲しがらなくなる、興味があることを知るためにも  反応を見て注目度を図る、相手の疑問に答えていく5:もう一度、この商品があることでのメリットを伝える  悩みが解決出来るためには必要不可欠であることを分からせる。6:値段を伝える7:安全・安心を全力で伝える8:契約手続きどうでしょうか?あなたの営業と照らし合わせてみてください。商品の説明のタイミングが早すぎたりそもそもの相手リサーチが足りなかったりしていませんか?それが足りないと相手は必要としません。モノを売る=親身になる。ということなのでこの順番を守って一度見直して欲しいです。結果がでるやり方になるので 一ケ月続けて頂ければ周りは認めます。 それまではやり続けてください。 契約ではなくブリッジまでであるのであれば 2番までを伝えて興味付けだけしてあげれば プレゼンターが決めやすいので喜ばれます。 営業の9割はアポで決まります。 プレゼンする前から興味がある状態なのとプレゼンで興味を持たせるのでは はるかに結果が変わるので 営業で結果を出したければアポの質を大切にしていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)