みちょぱ、出身は赤羽?父は浜松?美人母、仲良し兄情報

Pocket

ご両親は2度離婚

みちょぱこと池田美優さん(1998/10/30~)は、静岡県浜松市生まれで、中学の時から主に東京都北区赤羽で育っております。呼称「みちょぱ」の由来は、みちょぱさんがONE PIECEに嵌まっていた小学校5年生の時、美憂の「み」とONE PIECEに登場する「トニー・トニー・チョッパー」というキャラクターの名前をMIXして自ら考案したそうです。

みちょぱさんには「兄貴」と慕う3つ歳上のお兄様・駿斗さんがおります。お母様は京子さんといいまして、1971年3月6日生まれです。大のSMAPファンで、「ナカイの窓」に出演した際は中居正広さんとの共演に感激したとの事です。TVによく出演されているお母様は超美人ですが、大きい目が少し垂れているところがみちょぱさんにそっくりですね!

出典:https://decopachi.com/entry/micyopa-mother

みちょぱさんのご両親は、みちょぱさんが4歳位・お母様31歳位の時(2002年頃)とみちょぱさんが5歳位の時・お母様32歳位の時(2003年頃)2回結婚して2回離婚しています。都度、みちょぱさんと駿斗さんはお母様側に引き取られ、赤羽と浜松を行き来しました。この復縁時の心境を、お母様はこう語っています

1年間だけやり直してみようと思ったけど、1年持たなかった

証拠写真で協議離婚成立

離婚の際お母様は、お父様の浮気の証拠をつかんで裁判で提示したそうです。離婚したくなかったお父様は、

「みんなで心〇する!」

と自宅2階に灯油を持って上がろうとしたそうです。お父様を必死で止めたお母様は、足に傷ができてしまい、怪我の写真を裁判で提示して最終的に離婚は成立したそうです。

仲良しの兄

離婚後のお母様は、六本木のクラブなど昼夜複数の仕事を掛け持ちして2人のお子さんを育てたそうです。当時をみちょぱさんは、こう語ります。

「兄と2人でお留守番というか」「兄がいたおかげか、あんまり寂しくないというか。本当ずっと一緒にゲームして…すごい仲良かったので」

出典:https://resumedia.jp/18044.html

お母様の鉄拳

みちょぱさんは私生活では小5くらいからメイクに目覚めており、厨2頃は中学をサボりがちになっておりました。学校を休んで渋谷に行ったり、荒川土手で寝ていたり、友人の家を泊まり歩いたりしていたそうです。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/5415

お母様はそんなみちょぱさんに殴り合いの喧嘩をするなど真摯に向き合い、後にこう語っています

仕事の掛け持ちよりみちょぱの反抗期と向き合う方が大変だった

出典:https://decopachi.com/entry/micyopa-mother

成長した後のみちょぱさんは、お母様に感謝をしているそうです。

尊敬する人ってあまりいないけど、唯一ママは尊敬している。何もツラいところを見せずに一人で頑張ってくれていた

みちょぱさん、お兄様共にお母様似だそうなのですが、お兄様については一般人のため、テレビ出演等の情報はありません。今でもお母様・お兄様と家族3人でよく食事に行く等、仲はよいそうです。

浜松へお父様詣で

現在浜松にいるお父様のところに時々遊びにいくなど、みちょぱさんは父子で仲はよいそうです。お父様は1964年生まれだそうです。

ちっちゃい頃は女と遊びまくって育児放棄されてたけど何だかんだ大好きなパパ!

ギャル活がきっかけでモデルデビュー

みちょぱさんは北区立神谷中学時代はバスケットボール部に入部しますが3ヶ月で辞め、その後バレーボール部に入部するもやはり3ヶ月で辞めてしまい長続きしませんでした。

出典:https://resumedia.jp/18044.html

部活動は長続きしなかったみちょぱさんでしたが、中3の時に渋谷のギャルサークル「美舞羽凛(ひまわり)」に加盟し、そこで縦社会を経験したそうです。先輩にきちんと挨拶をしないと、

「渋谷を歩けなくしてやんよ」

と戒められるため、ギャルは一般の子女より礼儀に厳しいとみちょぱさんは語ります。また、ギャルとヤンキーとの違いは、ギャルは暴力を振るわないし、煙草もお酒もやらないのだそうです。ちなみにみちょぱさんはお酒が呑めない体質であることが検査で分かり、ご両親も殆ど呑めないため、遺伝なのだそうです。

「美舞羽凛(ひまわり)」で礼儀とマナーを身に着けたみちょぱさんは、2013年9月『JC Popteen』で読者モデルとしてデビューします。「美舞羽凛(ひまわり)」メンバーにモデルの人数合わせで呼ばれたことがきっかけだったそうです。

文化人枠に進出?

2021年1月28日、『スッキリ』(日本テレビ系)で初めてコメンテーターとして出演するなど、文化人分野にも徐々に進出し始めているみちょぱさんです。元々ギャルモデル界の中でも、知的レベルが期待されているみちょぱさんなのですが、今後、歌や演技にも活躍の幅を拡げていくそうで、これからもみちょぱさんから目が離せません!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)