トラウデン直美、父、弟、母親もやばかった!出身は京都で性格は?

Pocket

「CanCam」の最年少専属モデルとしてデビュー

トラウデン直美さん(1999/4/21~)は京都府出身で、京都市立錦林小学校、京都市立近衛中学校出身ということで、京都市左京区近辺ではないかと言われています。近衛中学校1年生時に、ミス・ティーン・ジャパン(世界三大ミスコン、ミス・ユニバースの妹版大会です)でグランプリを受賞したことを皮切りに、13歳で小学館「CanCam」の最年少専属モデルとしてデビューします。

出典:https://ryoto-seeking-dailylife.com/naomi-trauden-home-rich-career

トラウデン直美さんはその後、在校生の60%強が帰国子女だという、同志社国際高等学校に進学します。同志社国際高等学校時代は、チームで出場したGEC(Global Enterprise Challenge)の日本予選で3位に入り世界大会に出場しています。

GECとは高校生だけが参加出来る国際ビジネスコンテストで、2001年に英国スコットランドの行政機関であるCareers Scotlandが、NASA(米航空宇宙局)やWIPO (世界知的所有権機関)の支援を受けて試験的に始めて以来、参加国が連携して継続してきたものなんだそうです。

https://twitter.com/spakashin5/status/1334501143800553472?s=20

ファミリーで政治談議

トラウデン直美さんは、慶應義塾大学法学部政治学科入学を機に上京します。推薦入試の一環であるFIXというAO入試で、入学前年11月には内定が出ていたそうです。トラウデン直美さんは、モデル業の傍ら、土日に予備校に通っていたと言われています。トラウデン直美さんは、お祖父様の母校が慶応義塾大学だったため、慶應義塾大学に進学したそうです。

上京することが決まった時に、最初に思い浮かんだのが慶應でした。慶應といえば私学の名門ですし、実は祖父が慶應出身なんです。その祖父がいつも大学時代の話を楽しそうにしていたので、昔から良い印象を持っていました。最終的な決め手は、人とのつながりですね。実際にテレビのお仕事でも周りの慶應出身の方がすごくよくしてくださいます。

法学部政治学科を選択した経緯は、トラウデン家では、日常的に食卓で、政治談議が交わされることからの必然的な成り行きだったようです。国会中継や政治討論番組、池上彰さんの番組を見ており、環境問題や女性活躍のダイバーシティ問題に興味を持つようになったそうです。

https://twitter.com/spakashin5/status/1332955663404736513?s=20

トラウデン直美さんのお父様は、トラウデンディーターさんというお名前ドイツ人で、2010年から大学講師として京都大学や京都大学院でドイツ語を教えており、専門はヨーロッパ文学との事です。教授や准教授ではなく、あくまでも講師との情報です。

出典:https://tomo-blo.com/actor/3831/

父方の祖父と祖母は、ドイツに在住で、トラウデン直美さんは上京するまで、毎年夏休みには家族と共に、このドイツの祖父母の元で過ごしたそうです。

出典:https://celeby-media.net/I0002017

もちろんトラウデン直美さんもドイツ語は堪能で、高校2年時に「全国高校生ドイツ語スピーチコンテスト」の「対話部門」で全149名中の最優秀賞を取ったことがあるそうです。同じく、ドイツ語が堪能なハーフモデルに、1992年生まれのトリンドル玲奈さんがいらっしゃいますね。

出典:https://celeby-media.net/I0002017

お母様は東京出身で、上智大学出身の日本人です。帰国子女で9年間アメリカに在住したことがあり、当時大使館勤務でした。トラウデン直美さんの趣味の馬術は、お母様がルーツなのだそうです。

出典:https://ryoto-seeking-dailylife.com/naomi-trauden-home-rich-career

弟トラウデン都仁(トニ)さんと共演

弟さんは3歳年下のトラウデン都仁(トニ)さんで、モデルや、ミュージカルになんと主演の経験もあります。都仁(トニ)さんはSHG(SuperGlobalHigh school)という英語特化の京都市立日吉ヶ丘高等学校2年時在学中に、英語スピーチコンテストで優勝したという実力の持ち主だそうです。多芸多才ですね。

出典:http://harikirimaruko.net/naomi-trauden-parents/

また、YTJ(Young theatre Japan)という若者の国際交流団体のボーカル全国大会や、「Japan Festival Canada」などで歌唱力を披露しています。

また、京都外国語大学で開催された「薬物乱用防止シンポジウム」のパネルディスカッションに参加した際、「人と人との繋がりを大切にし、孤立させないことで薬物乱用を防ぐことができるのではないか?」とスピーチをしています。

出典:https://tomo-blo.com/actor/3831/

トラウデン直美さんは当初、「ポスト・春香クリスティーン」さんと言われていましたが、政治通でアナウンサー志望だった春香クリスティーンさん(1992/1/26~)は単位不足で上智大学を除籍となり、2018年12月、通信社記者と結婚しています。トラウデン直美さんは、2019年11月10日、NHKの祝賀御列の儀の特別番組で、その聡明な発言で一気に注目を浴びることとなりました。トラウデン直美さんはアナウンサーどころか、末は政治家か大臣になりそうな気もします。これからもトラウデン直美さんに注目していきます!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)