. . .

三吉彩花、韓国人説の検証 子役時代からやばい父親の教育方針とは


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/madara/kantenwerk.org/public_html/wp-content/themes/magazine-prime/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 254
Pocket

小学生モデルの帝王教育

三吉彩花さん(1996/6/18~)は埼玉県川越市出身だそうです。川越市立武蔵野小学校1年生から読者モデルをしていましたが、小3の時に原宿で大手芸能事務所アミューズにスカウトされます。2008年7月号から2010年6月号まで、「ニコ☆プチ(新潮社)」専属モデル(プチモ)を務めます。

2010年8月から2017年6月までは、「Seventeen(集英社)」専属モデルとなります。身長は小学6年生で既に160cm、成人するころには170cmで、日本のモデルさんとしては素晴らしいスペックです。お父様が185㎝、お母様が167㎝ということなので、遺伝の賜物なのかもしれません。2011年12月には、高スペックを活かしきり、「グッチ」と日本人初の契約をして話題になりました。

私生活での三吉家の教育方針は、徹底されたものでした。それは、骨格を保つため、正座は禁止。筋肉質になりすぎを防ぐため、運動部は禁止。このため三吉彩花さんは中学時代は吹奏楽部でアルトサックスを嗜み、筋肉の代わりに肺活量を鍛えていました。日焼けを防ぐため、学校の授業であってもプールは禁止。などです。学校側との軋轢を防ぐため、事務所が間に入っていたそうなので徹底しています。

2010年4月にアミューズのキッズ事業室プロデュースのアイドルグループ「さくら学院」初期メンバーとして、川越市立名細中学校を卒業する2012年3月まで活動しました。堀越高校トレイトコースに進学後は、埼玉から上京して親元を離れています。ちなみに1人っ子だそうで、親御さんも断腸の思いだったのではないかと想像します。

出典:https://impression-life.com/otokouke/

2012年映画初主演作の「旅立ちの島唄~十五の春~」では第67回毎日映画コンクール、第35回ヨコハマ映画祭で新人賞を受賞し、女優としての活躍をしていきます。2019年主演作の「ダンスウィズミー」が第22回上海国際映画祭の特別招待枠に選ばれ、舞台挨拶ではレッドカーペットを歩きました。2018年4月は「週刊プレイボーイ(集英社)」にグラビアデビューを果たします。

ハングルでインスタ投稿

三吉彩花さんは韓国人説があったのですが、どうやら実際の血統とは関係がないようです。将来はアジア広範で活躍したいという思いから、独学でハングル等を勉強しており、インスタ投稿もハングルでした、という事のようです。「生まれ変わったら韓国人になりたい」というほどの韓国びいきなのだとか。「さくら学院」のダンスレッスンで、K-POPなどに馴染みが深かったことも韓国傾倒一因のようです。

https://twitter.com/edison_gao0418/status/1314067416364711936?s=20

三吉彩花さんは、韓国語だけでなく中国語も勉強しており、2019年中華圏で人気のジェイ・チョウさんの番組に出演しました。その際中国でメジャーなSNS「ウェイボー」で話題になったのをきっかけに、三吉彩花さんもで「ウェイボー」公式アカウントを開設し軽くフォロワーが10万人を超えています。

お父様とディズニーランドへ

三吉彩花さんは、2020年2月1日放送「メレンゲの気持ち」に出演時、お父様のエピソードを語っています。当時23歳の三吉彩花さんは、47歳の父親ととても仲良しで、二人でディズニーランドに行ったりするそうです。高校生の時まで一緒にお風呂に入っていたそうで、仲の良さは筋金入りです。

https://twitter.com/luaek4mT8PhWvF5/status/1268924288813289472?s=20

村上虹郎さんが渋谷で三吉彩花さんとお父様に遭遇した際は、彼氏だと勘違いして、挨拶だけでそっけなく退散したというエピソードもありました。

お母様泉(いずみ)さんとも、もちろんとても仲良しで、よく一緒にショッピングに行ったりしているそうです。体型が三吉彩花さんとほとんど同じため、同じ洋服を着たりして楽しんでいるそうです。

出典:https://buzz-press.com/miyoshiayaka-family-12829.html

これからも三吉彩花さんに注目していきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)