. . .

手島優、実家は足利せんべい屋で兄弟は?本名卒アルがやばかった件


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/madara/kantenwerk.org/public_html/wp-content/themes/magazine-prime/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 254
Pocket

仲良し兄2人

手島優さん(1982/8/27~)は栃木県足利市で生誕し、お兄様が2人いらっしゃるそうです。「お兄ちゃん」と呼んだことはなく、いつもあだ名「よーちゃん」と「まーくん」で呼んでいるそうです。

「よーちゃんとまーくんはスーパー優しい♪スーパー仲良し三兄弟」

幼少の時から男っ気のおおい環境で育ったため、「特技・すぐ濡れるんです」等、男性ウケするようなサービストークが上手いのでしょうか。流行りの「あざと系ハイスぺ女子」とはまたちがった潮流ですが、手島優さんは、後述の水泳や栄養士免許、書道五段など、資格や特技の実力も十二分に持っています。

https://twitter.com/mihiro0519/status/1311289470755377152?s=20

所属事務所は、今を時めく菜々緒さんなどが所属するプラチナムプロダクションです。身長は165cm、ちょい高で親しみやすく、よい感じかもしれません。本名は手島美沙子さんという説がありますが、手島優さん名での中学の卒アルも公開されており、真偽は不明です。このほかにも、年齢・学歴など、色々と謎の多い女性です。

https://twitter.com/piyoteji/status/1319622637434195968?s=20

実家のせんべい屋

栃木のご実家は「手焼せんべい八幡屋(足利市堀米町2630-2/野州山辺駅から1,213m)」という創業60年以上のせんべい屋です。米を厳選するところからこだわっており、宇都宮産の刻んだゆずを天日干しにして生地に練り込み、炭火で手焼きにした柚子煎餅が、名物です。行くと手島優さんのご両親が朗らかに接客をしてくださるそうですよ。手島優さんのお母様のご実家も「近藤米菓」という煎餅屋で、こちらでは手島優さんのおじい様が、汗だくになりながら炭火で煎餅を焼いていたそうです。まさに、せんべい・サラブレッドなファミリーです。 手島優さんは、メイクスキルが高いことでも有名です。由来はご実家の手工業からなのでしょうか。絶妙な手技が、達人技ともいえます。

出典:https://ameblo.jp/oneta1031/entry-11973556511.html

年齢・学歴詐称の噂

手島優さんは、2012年7月29日「サンデー・ジャポン」で年齢を2歳サバ読みしていたことを公表しています。当時は27歳と公表していたのですが、実は29歳でした。どうも、グラビアでデビューした際に、どうしても10代ということにしたかった、のような配慮があったそうです。いずれにしても、手島優さんの一存ではなく、事務所の方針もあったのでしょう。

https://twitter.com/piyoteji/status/1303651302560342016?s=20

実際、公式文書?での事実が食い違っている事があります。「アサヒ芸能」2006年9月28日号プロフィールでは、「2004年、短大卒業後に極上ボディを引っさげグラビアデビュー」とありますが、同「アサヒ芸能」2011年10月20日号テリー伊藤さんとの対談では「19歳の頃東京の短大に進学しグラビア活動を開始した」とされています。(※注:実際には短大に進学していません)

長い下積み時代

手島優さんは、あまりひけらかしてはいませんが、小学校(足利市立足利南小学校説あり)から足利市立山辺中学校1年生まで水泳を続け、ジュニアオリンピックの候補にまでなった実力者です。一方、10歳の頃から芸能界に憧れ劇団入りしました。そして、中2以降水泳を止めた手島優さんは、70㎏まで体重が増えてしまいました、当時のあだ名は、「どすこい」だったそうです。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/867

手島優さんは、小学校高学年から中学卒業まで、実は壮絶ないじめに遭ったそうです。時期はちょうど、手島優さんが劇団に入り芸能活動をしていた時期と被る感じです。おそらく田舎の(失礼)小中学校で、手島優さんが醸し出していた華やかな芸能界オーラが、周囲のカンに触ったのかもしれません。

いじめの内容は凄まじく、人間掃除機と言われながら、男子ふたりに足を抱えられながら廊下を引きずられた、男子に顔を上履きでたたかれ続け、鼓膜が破れた、等、耳を疑う話です。一方、中学時代は同級生女子とコンビを組んでお笑いを目指していたそうで、「何でもネタに昇華する」という強い精神で乗り切ったのでしょうか。辛い経験を乗り越え、手島優さんは地元足利を離れ、群馬県内の私立・関東学園大学附属高校に進学します。

高校在学中から細々と芸能活動を続け、大学(短大)に進学はせず、2004年22歳の時、ヤングジャンプ「ぷるるん選手権」読者投票1位を得て、初代グランプリを獲得しました。2006年7月には、台湾の台北で行われた国際イベント「最も美しい理想的なバスト賞」を受賞して、売れっ子になっていきます。そして尚も驀進中。最近は往年の釈由美子さんの面影も感じます。これからも手島優さんに注目していきます!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)