. . .

桜井ユキ、福岡出身で実家は居酒屋?中学、高校時代は暗黒だった?


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/madara/kantenwerk.org/public_html/wp-content/themes/magazine-prime/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 254
Pocket

1次上京はグラドル活動

桜井ユキさん(1987/2/10~、ユマニテ→スターダスト)は大分生まれの、福岡県久留米市育ちです。小学3年生から女優を夢み、久留米筑水高校では「女優になるため進学はしない」と公言し、お父様の応援も受け、19歳の時に単身福岡から上京します。身長は163cm、血液型はO型説があります。

ところが芽が出ず、一旦23歳の時に福岡へUターンし、実家の居酒屋を手伝っています。当時を桜井ユキさんはこう語っていました。

「でも実際に行ってみるとすぐに“もう東京いやだ”となってしまって、東京自体が苦痛でした」

初めての上京では、女優としての活動には至らず、グラドルとしてのお仕事だったようで、そのあたりにも原因があったのかもしれません。当時は、「帆足友紀」名で活動していました。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/667812

2次上京で、「体から鱗が取れた」

しかし約1年後再起をめざし、10代の頃にスカウトされたツテを頼って再び上京します。2011年から、SUBARUやNEXCO中日本などのCMに出演しつつ、あまりにも演技がへた過ぎて?マネージャーからオーディション受験を制限されるなど紆余曲折を経て、蜷川幸雄さんの元助手である、演出家の石丸さち子さんの元で連日厳しい指導を受け、演技力を蓄えていきます。

桜井ユキさんは元々は人と話すことが苦手で、笑おうと思っても笑えない不器用な性格だったそうです。ところが2度目の上京後に演技指導を受ける中、「感情の開放を行う」テーマを学ぶうち、感情を表に出すことが楽になったそうです。桜井ユキさんはこの経験を語っています。

「演技のワークショップでは心を無茶苦茶にされた」「体から鱗がポロポロと取れるような感覚を得た」「お芝居を通して、人間としても新たに生まれ変わることができた」

そしてこの脱皮が功を奏し、役者としても快進撃を遂げていきます。

2013年から、「寄生獣」、「新宿スワン」、「リアル鬼ごっこ」、「ピースオブケイク」などに出演します。「リアル鬼ごっこ」では、園子音監督に演技を絶賛される快挙を成し遂げました!2016年1月期の月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で本格的にブレイクします。同じころ大手事務所ユマニテに移籍しました。

暗黒の少女時代

桜井ユキさんの実家は、自営業で居酒屋を営んでいるそうです。桜井ユキさんは比較的、ご両親やご兄弟など、プライベート部分はOPENになっていない部分が多いです。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/667812

桜井ユキさんは4歳の頃からピアノを続けており、いまでもピアノを弾くことがストレス発散法のひとつなのだそうです。また藤間流日舞、書道、スケートなども幼少期から習っており、実家は裕福だったと推測できます。当時を桜井ユキさんはこう語っていました。

「幼少期は割と暗黒期でした。周りの環境がどうっていうより自分の心の中っていうか、すごく暗かったんですよ。だからなぜあの暗さを持って表に出ようとしていたか自分でも謎で。」

一方幼少期には女の子からラブレターをもらうことがあったそうです。普通の子供にはない、ミステリアスな魅力を周囲は感じ取っていたのかもしれません。

出典:https://www.suntory.co.jp/news/article/13757.html

中学高校を通してブラスバンド部でアルトサックスとテナーサックスを演奏しており、音楽が特技といえます。趣味は読書や一人旅だそうです。当時を桜井ユキさんはこう語っていました。

「10代は楽しくなくて、藪の中にいた感じです。年齢を重ねて、段々楽しくなってきました」

高校3年生の時に、地元高校生のミスコン「いちご姫」でグランプリを獲得しました。高校時代は、アルバイトでレジ打ちを経験していますが、もしかしたら上京資金を捻出するためだったのかもしれません。

2020年8月には所属事務所ユマニテを卒業し、スターダストプロモーション制作3部の所属となり、転機を迎えていると推察されます。最近のインタビューでは、「結婚に対して興味が持てない」と語る桜井ユキさんですが、女優としてますます円熟期に差し掛かる上り坂とおもいます。桜井ユキさんに、これからも注目していきます!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)