. . .

森七菜、本名と生年月日は?出身は東陽中学、大分高校?


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/madara/kantenwerk.org/public_html/wp-content/themes/magazine-prime/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 254
Pocket

森七菜、本名と生年月日

今週(2020/10/17)の「週刊文春/原色美女図鑑」は、森七菜さん特集でした。圧倒的なかわいさ、透明感、目力に射抜かれ、変顔に翻弄され、そして森七菜さんは少し小島瑠璃子さんに似ていると思いました。小島瑠璃子さんが「原色~」に出場された時は2012年12月20日号との事で、もうそんなに経つのですね。感無量です。(こじるりさん、似てると思われませんか?)

出典:https://myfavoritetopics.net/archives/5246

森七菜さん(2001/8/31~:アーブル所属)は大分出身で、本名:小阪七菜さんとの説があります。中学3年の2016年の夏、家族で会食していた地元のお店でスカウトされたそうです。森七菜さんは元々芸能界に憧れがあり、ご両親も「やりたいことはやっていい」という教育方針でした。スカウトしてきたカメラマン自体は「怪しい」と始めは思っていましたが最終的に信用し、森七菜さんはオーディションのため東京に向かいます。

すぐに行定勲監督によるネスカフェWebCMに出演します。翌年の2017年6月には、Amazonプライム配信の園子音監督「東京ヴァンパイアホテル」にて後半戦のヒロインを演じました。森七菜さん自身も、スムーズすぎてあまり実感がなかったそうです。

「最初がWebムービーだったんですけど、トントン拍子で進んじゃったので、あまり実感が湧かなかったですね」「それまでの人生で怒涛の2か月間だった」

弟に叱られる、オーディション最強女優

WebCMとかAmazonプライムとか今どきのようですが、配役を抜擢するのにオーディションを行う泥臭いフローは同じで、森七菜さんは「オーディションに強い新人女優」として名を馳せていきます。森七菜さん自身は、オーディションの合否にはあまり、「手ごたえ」を感じることはないそうです。

「失敗したな」と思った時でも「良かったよ」といってもらえる時があったり、「できたかな?」と思っても落ちるときもあったり、全然わからなくて・・・

https://twitter.com/tazu20463041/status/1314888254362017792?s=20

森七菜さんの家では、オーディションに受かると焼肉や手巻き寿司でお祝いをしてくれるらしく、もしかしたらそれもモチベーションになっているのかも。喜んでくれる人がいるって、大切ですよね。家族にはご両親と5歳年下の弟さんがおり、弟さんには本名の「なな」と呼ばれているそうです。後述の2019年映画「天気の子」のインタビューでは、弟さんとの関係を語っています。

-私生活でも森さんはお姉さんですよね?

はい、5歳下の弟がいます。

-弟さんと接するときも、陽菜のようなお姉さんっぽさはない?

私が弟にお世話してもらっています(笑)。
この前も私が着替えたあと、気がついたら弟が服を畳んでくれていました(笑)。
私もそれにすっかり甘えているんですよね。

-その関係性は昔から?

前までは「七菜!」って怒られていたんですけど、最近は弟が自分の役回りだって思ってきたみたいで、何も言わなくなりました。
中学1年生なんですけど、すごく面倒見がいい、かっこいい男の子になってきているんです。

デビュー翌年の2017年7月、「心が叫びたがってるんだ。」で映画初出演、2017年10月期の連ドラ「先に生まれただけの僕(日テレ)」でテレビドラマ初出演します。

2018年8月、2020年公開映画「ラストレター」オーディションで、岩井俊二監督に「この子しかいない」と大抜擢を受けます。プロデューサー川村元気さんも、「広瀬すずさん以来の凄い才能」と大絶賛でした。

2018年12月、2019年公開の新海誠監督「天気の子」ヒロインオーディションにも、2000倍の倍率で合格します。

2019年11月、「日経トレンディ(日経BP)」の「来年の顔」に選出されます。2020年3月、第14回声優アワードで新人女優賞を受賞します。2020年7月、「オロナミンC(大塚製薬)」CM楽曲「スマイル」をボブディランプロデュースでカバーします。多芸多才を地で行く感じですね。

趣味は水彩画、特技は脚本書き

森七菜さんは2019年に地元大分で私立大分高校を卒業するまで、ずっと学業と2足の草鞋でした。多忙な中、高校1年時の文化祭の演劇では、自ら脚本を書いたそうです。脚本家/坂元 裕二さんのファンで、「カルテット」、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が特に好きだそうです。

――坂元さんの作品を好きになったきっかけって?

「最初、ドラマ『Woman』(2013年)を観て衝撃を受けて、そのときはまだ脚本家が誰かということは意識していなかったんですけど、その次に『いつ恋』(いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう・2016年)にハマりました。セリフが素敵だなと思って、誰が書いているのかなと思って見たら坂元さんで、『Woman』も書いていた人ということがわかって、次に『カルテット』(2017年)にもはまって、『これも坂元さんだ!』となって、それから意識するようになりました」。

https://www.instagram.com/p/B81HzwNlkY8/?utm_source=ig_web_copy_link

私立大分高校はサッカーの強豪校で、偏差値も大分県内で8位とトップクラスです。森七菜さんは第98回全国高等学校サッカー選手権大会の15代目応援マネージャーに就任し、大分代表として全国大会に出場しました。

大分市立東洋中学校在学中は美術部に所属しており、現在も水彩画を描くことが趣味だそうです。現在も森七菜さんのSNSでは森七菜さん直筆のイラストが散見されます。

https://twitter.com/koiata_tbs/status/1316688648058798088?s=20

森七菜さんは、天才肌と言われる、左利きだそうです。性格はマイルドな躁鬱といいますかムラがあり、テンション高い時とブルーな時と落差が激しいそうです、気分の乗らないときにマネージャーさんなど身内に話しかけられると、「わからない・・・・」と答えてしまうとか。そんなところも芸術家風ですね。これからますます森七菜さんに大注目です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)