鈴木京香、実家は仙台で兄がいた?結婚しないのは両親が離婚した影響?

Pocket

お父様は建設業、お母様は日舞の先生

鈴木京香さん(1968/5/31~、所属:Vanda)は、宮城県仙台市泉区(当時は泉市といいました)出身です。「京香さん」は芸名ではなく本名で、ご両親が、京都をイメージして付けられたそうです。お父様は建設業を営んでおり、お母様は着物の着付け講師と日舞の先生をしており、裕福な家庭ではなかったかと推察されます。

鈴木京香さんにはお兄様がおり、幼いころはご両親と4人家族で暮らしていました。お兄様は現在都内にいらっしゃるそうですが、一般人なのか現在の情報はあがってきていません。

鈴木京香さんの高校進学以降、実家は富谷市(当時は富谷町)にセカンドハウスを買って移り住みます。泉区の生家は2014年まで、お母様の日舞教室として使われました。

一家が富谷市のセカンドハウスに移り住んだのち、ご両親が離婚してしまいます。2002年7月にはお父様が肺癌のため、わずか65歳の若さで他界をされます。

鈴木京香さんもお母様の影響で3歳から中学生まで日舞を習って育ちました。高校時代は絵画好きのお父様の影響で美術部に属しました。地元の東北学院大学経済学部商業科に進学した大学生の頃は、地元の着物学校のモデルをしていたそうで、着々とご両親の希望通りに京風にはんなりと生育します。

美術については色々なネタがあり、高校時代に鈴木京香さんの作品が入選したものの、なんと上下逆さまに掲載されていたとか。お父様がお母様を絵モデルとして執筆し、できあがったところなぜかヌード作品となっていたためお母様が激怒したとか。鈴木京香さんが学校の人形劇で用いる人形が、お父様の手によってなぜかゴルゴ31の顔にされ、鈴木京香さんは大泣きしてしまったとか。

2017年以降4つの家を次々と整理整頓

1995年頃、鈴木京香さんは地元仙台で、レンガ造りで煙突がある洋風一軒家をご両親にプレゼントしています。2016年には、仙台で1人暮らしをしていたお母様を、鈴木京香さんとお兄様は東京に転居させます。現在鈴木京香さんの所属事務所Vandaは、お母様(1942~)が取締役を務めております。

鈴木京香さんが1995年にご両親にプレゼントした家と、2014までお母様が日舞教室を開催した泉区の生家は、2019年に取り壊しを行っています。一方鈴木京香さんは2017年に都内の一等地(西麻布付近or広尾と言われています)に約150㎡の4億円マンションを購入したと報道されており、色々と心境の変化というか、身辺整理を行っているようにもみえます。

長谷川博己さんの件

鈴木京香さんはプライベートでは、2010年に「セカンドバージン」で共演した長谷川博己さんと、永い春状態にあるそうです。一時期2015年頃、鈴木京香さんがお母様の介護のため、長谷川博己さんとの同棲を解消したと言われていますが、再び元のサヤにおさまったようです。

鈴木京香さんの育った環境で、ご両親の離婚についてはどのような状況だったか詳しい情報はありませんが、実家の環境が複雑だと結婚に二の足を踏んでしまうというのはよくある話ですね。しかし、鈴木京香さんもお兄様も立派になられているので、大枠としてご両親のご結婚は大成功だと個人的には思いますし、間違ってもネガティブな影響は受けないで欲しいと思います。

永らく長谷川博己さんはご自分の事を、「自分は俳優として鈴木京香さんより格下で、結婚相手として相応しくない」と卑下していたようなのですが、2020年NHK大河「麒麟が来る」で主役の明智光秀を演じ、今が結婚のその時ではないか?と周囲から見られています。実際、「麒麟」ロケでの大阪拠点を引き払って真っ先に向かったのが鈴木京香さんのマンションで、2人はそこで長谷川博己さんの誕生日を祝ったと言われています。鈴木京香さんの愛犬を散歩させる長谷川博己さんの姿も頻繁に目撃されています。

鈴木京香さんは、注目ドラマの主役級に次々と抜擢されており、同年代の他の女優さんと比べても活躍度が半端ない感あります。9歳歳下の長谷川博己さんの影響を受けて、守備範囲が広まっているのでしょうか。お2人はゴールインするのか、否か、注目が高まっていますが、個人的には、一旦幸せになって欲しいです。これからも最前線で活躍する鈴木京香さんに注目していきます!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)